日本福祉新聞社 Amazon Kindle 刊行本
日本福祉新聞では「福祉」に関連した書籍を出版しています。 Kindle / iPhone / Android / PC などで読むことができます。 →無料アプリ

  1 2
●『呪術師バオバブと泣き叫ぶオニヒトデ』
初見悦理

国際的ミュージシャンであり、医師であり、ブードゥー呪術師でもあるバオバブは、ある夜、壮絶な殺戮シーンの現実夢をみた。一通のメールを頼りに、犯罪をくいとめるべく、愛する娘を残して、ひとり大雨のふる真夜中の東京をクルマに乗って出発する。地上の迷路。現実夢の迷宮。現実の世界と、霊的な世界との複雑なつながり。想像をこえた奇妙なできごとの連続。過激さをます殺人。底知れぬ悲しみに霊がダイレクトでふれ、精神の崩壊の危機をむかえていく。地球の裏側ハイチから、救助の念を送りつづける霊の指導者マンボ。宗教学者で作詞家のレズビアンのパートナー麗子との愛の日々が試される。人間の霊の奥に潜む無尽のダークエネルギーが、かつてない壮大なカタストローフを生む。過剰にして壮絶な結末。「愛」「レズビアン」「おんな」スピリチュアル・フェミニズム文学の輝峰。現代日本マジックリアリズム文学!
■kindle価格:327円

●『天使屋』
与謝野ルネ

フライフィッシングに取り憑かれた男/女を愛し、世界の川を放浪し、幻の黄金のマスをもとめる/哲学、宗教、東洋思想、倫理、人間というテーマを過剰な意識でみつめ、度を越したエロティシズムとフェティシズム、あふれでるユーモアとアフォリズム、諧謔とからかいと軽口にみちた、聖なるものとグロテスクなるものの混在、独特の哀愁と切実さによる語り口の文体で筆致/魂の導きによる奇想天外なストーリー/霊の救済はあるのか?/なされるとすれば、どのようにか?/絶対なるものとはなにか?/現代日本神秘主義文学、幻想文学の極点/伝説のヒーリング小説の文庫化!
■kindle価格:327円

●『撞球(ビリヤード)』
与謝野ルネ(よさのるね)/著


かつて売娼窟でもあった元米軍施設のピンクの建物は、地下室がビリヤード場となり男たちが集っていた。店名は<メイトリクス>。ジュークボックスからはタンゴが流れていた。広々とした室内には撞球台が七台。周囲は博物館ように動物の骨格がところせましと並んでいた。眠り続ける女将。その日も、狂人とゼンマイと堕天使がしずかにプレーをしていた。そこへ突然、若者が駆け込んできた。みずからを<神>と称する擬似両性具有者の恋人舞踏家「ニセ物」の突然の死を告げたのだった。
■kindle価格:327円

  1 2

Go back to the top of the page